15年後のモニグロ-after Morning Glory-

30代2児の母が10年前のネットを懐かしんだり思いをつづるブログ。

めくるめくネット「爆笑」文化15年分:前編

スポンサーリンク

f:id:hanacoglory:20171201122915p:image

今でこそYouTubeやリアルタイム動画でのやりとりが主流になりつつあるネット世界だけど、基本はやはり文字。

 

自分の伝えたいことを文章にして発信する。

簡単なようで難しい。難しいようで簡単。

 

書いているのはまぎれもなく生きている人間なので、当然感情がある。

そうすると、文章で感情を表すことが必要になってくる。

 

 

ネットの「爆笑」文化15年分(前編)

 

これを読んでいる方は今、

めっちゃ面白かった!!!!という時、文章でどう表現しているだろうか。

私は・・

 

くそうけるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

かな・・?

平成29年12月現在。

 

これほど目まぐるしく変わっていくものもあまりないんでは?というくらい

ネットで「笑い」を表現する方法がどんどん変わっていく・・・。

www も若干古いのかな。今は「大草原」っていうの?

ついていけてない。やばい。

 

全てはここから(笑)

(笑)

私がネットに初めて触れた時にはすでに存在していた。

いわゆる(私今笑ってるよ!)の略である。

今でも利用者は多く年齢層も幅広い。

高齢者の方も気軽に利用できる(笑)は、携帯やパソコンの予測変換にも標準装備の一般向け笑い表現。

 

(かっこ)で区切るのはとても応用性があって、喜怒哀楽を簡単に伝えることができる。

 

え、まじで(笑)

 

うそだろ(怒)

 

ほんとに?(涙)

 

まじか(嬉)

 

 

なんということでしょう。後ろに漢字をかっこで足しただけなのにめっちゃ表情豊か。

笑ったり怒ったりころころ表情の変わる忙しいの文章の爆誕である。

 

かっこわらいからの大御所派生(爆)

 

もとは(爆笑)からきてる のかな・・・?

(自爆)説もある。どっちなんだろう。どっちの要素で使ってるんだろう。

(笑)よりもちょっとこじゃれた空気になれる(爆)

 

かっこをつかわないというのも主流になってきた。

 

クールに笑うことができるかっこなし。苦笑

黒歴史文化の始まりもこのあたりじゃないだろうか。暗黒微笑

 

文字の終わりにそっと添えると静かな微笑みを提供できる 爆

 

いや「爆」は静かじゃなかったな。爆発してたわ。

 

キッズに大人気!(ヮラ(藁

これぞ15年前ふみコミュニティの滞在期間に、チャットでよくみかけたやつである。

半仮名バージョンと漢字バージョンの2パターンあった。

重ねて使ったりヮラの代わりに別の文章を入れたりと、バリエーションは豊富。

半分だけかっこをするのがミソである。

 

私はこの表現で藁が「わら」って読むと知った。

漢字はやっぱり発祥地は某巨大掲示板からかな。流行の発信地すぎてすごい。

 

半仮名を語尾につける文化はチャットでよく見受けられた。

時々出会ったのは自分で自分に突っ込みをいれちゃうタイプ。

 

俺も行く~!(イケルワケナイダロ

 

眠い・・・(マテ(ネルナ(ネタラシヌゾ

 

こういうやつ・・・。ごめんなさい、正直ちょっと苦手でした。

渾身のボケに自分で突っ込んじゃうまたはボケを足しちゃう。ああ・・

ボケが死んどるわ!!!!!!!かゆい!!!!!!!!

 

 

顔文字黄金時代。゚( ゚^∀^゚)σ゚。

文章を表現豊かに見せるものに顔文字文化は外せない。

本当に時期や集う場所などで細かく流行りが変わっていくが

私が乱用していたのが

 

。゚( ゚^∀^゚)σ゚。

 

こいつだ。

 

こいつは大変乱用させていただいた。

めちゃくちゃみんな使ってたよね。私の周りだけかもしれないけど。

33歳、恥ずかしいこと言ってもいいかな?

あれあの周辺で流行らせたんワタシ・・・・!

 

あっ・・これは恥ずかしい申告だぞ(ハズカシスギテシネルナ(イキロ

 

 

こいつ。゚( ゚^∀^゚)σ゚。めっちゃ使いやすかった。今でも使いたいくらい。

 

ちなみにこの指差しタイプが好きだったのですがなかなか検索してもでてこないから

mixiの昔のメッセージ漁ってコピーしてもってきたよ。

mixi最近よくログインしてる。誰もいない。完全に過去に生きる女と化している。

 

 

 ちょっと15年分の笑いが、1記事で収まるわけないわ。

全然wwwまでいけない。また後半をそのうち書きますわ!!

右下の文字数カウントが私を焦らせる・・・

 

後半につづく!