15年後のモニグロ-after Morning Glory-

30代2児の母が10年前のネットを懐かしんだり思いをつづるブログ。

ネットに蔓延る「嘘」の着地点

スポンサーリンク

f:id:hanacoglory:20171129231310p:image

 

「嘘」で自分をどうとでも見せることができる世界

 

インターネットは、虚像を作り上げる最高の場だ。

現実世界と違う自分になれる。

リアルの自分を知られさえしなければ、好きなように作り上げることができる。

今も昔も、変わらずある文化だ。

 

残念ながら「花愛」は顔はもちろん本名も、

高校も自らガンガン出していくスタイルだったので虚像を作ることはできなかったけど

周りには、「嘘」を重ねる人間が少なくなかった。

いろんな嘘があった。

 

思い出しながらいろんなパターンを上げていく。

 

顔が「嘘」

 一番よく遭遇するパターンのタイプ。

自分の顔を他人と偽る。

 

ふみコミュニティのプリクラ広場では

まず「プリクラとか顔のわかる画像を持っている」ことが交流の大前提だったので

(中にはバ〇ボンとかの画像を貫いている子もいたけど)

単純に自分の画像を持っていないから、という理由が多かった。

 

インターネットイキリオタクでプリ広に居座っていた私の画像を使う人はわりといて

親切な人が発見してはメールで教えてくれた。

ずっと思ってた。

 

使い場所が近いんだよ。

 

いや、おるから。私そこにおるからな。ばれるわそんなもん。

 

結構衝撃的だったのが当時仲良くしている人の顔が偽物だった。

何人か男女のグループでいた人たちで、チャットでも話したことがあった。

仲良くしてる・・・つもりだった。

いい人だったと思う。

 

友達と少しいい感じになってた。

でも、その男の人の画像は実は雑誌のモデルの顔だった。

そもそも、そのグループの人たちは画像を1枚しか持っていなかった。

もしかしたらみんなそうだったのかも・・・と思うとちょっと怖い。

 

環境・自己紹介が「嘘」

 顔は本物。電話もしたことあり、お互いの環境を知っている。

会ったこともある人もいる。

でも住んでいる場所、育った環境、現在の自分の状況、本名

全部嘘。

顔が嘘より恐怖のパターン。あとから聞いてぞくっとするやつ。

 

平然と嘘をつく。

この人たちの共通点は「たかがインターネット」精神であるということ。

 

そもそもネットで知り合う人を信頼なんかしていない。

 

こちらが思っている期待や信頼は全く感じられていない。

 

この世界をリアルの人間とのやりとりと思っていないんだ。

これが嘘だと気づくとき、一番ショックが大きいかもしれない。

ていうか怖い。なんなんだよ。こっちは生身の人間だよ・・・

 

 

性別が「嘘」

これは今でもわりといる。いわゆる、ネカマというやつ。

たまにTwitterでも見る気がする。ていうか絶対いるでしょ。

 

一番ましかもしれない。いや、ましって・・・?

 

女の子って言っていたチャット仲間が実は男だったと知ったのはびっくりした。

けど、バレてからのほうが仲良くなったな。

 

あと、

これ怒られるかな。大丈夫かな・・。

 

ある女の子が、男の子のふりして画像を出して過ごしていた。

こっそり教えてくれて、こっそり楽しんでいた。

私はその架空の男の子のキャラ設定にドはまりした。

 

超カッコいかったんだもん(30代二児の母)

 

こっそり教えられたけど、こっそり誰かと騒ぎたくて

他の友達に教えてこっそり楽しんでた。

 

 その子は架空の男の子が私(花愛)を好きという設定で動かしてくれた。

最高かよ。もう若干何かを見失っていた。

でもあんまりかっこいいから、

なんと別の女の子がその男の子を本当に好きになってしまった。

 

私はお祭り騒ぎでいたけど、実際は偽りが苦しかったみたいで、

プラス私がこっそり友達に教えたこともバレてもう最悪の展開。

 

架空の人間を、リアルの人間の中に投入し動かし続けるなんて

相当のいかれた根性がないとやっていけないと知った。

その女の子はとてもいい子だったから、余計に申し訳ないことをした。

 

謝罪して回らないといけないやつなのかこのブログ・・・?

 

 バレる「嘘」つくなら調子に乗るな

当たり前ですが、嘘はいつかバレます。

続けていくうちにだんだんと本来の自分とのずれが生じ違和感が出てくる、

そうすると誰かがどこかで見てる。

勘のいいひとは本当にそこらじゅうにいて、目ざとくキャッチする。

 

バレ始めた時はどんどんと脆く崩れていってしまう。

 作り上げたものは一瞬でなくなってしまう。

わかっているはずなのに、やめられないのは「嘘」で得られる快感からだろう。

 

嘘をついて加速がかかり調子に乗る。一番やめたほうがいい。

嘘+調子に乗る=バレる ここテストにでますからね。

 

でも、ネットは遊びでもある。

楽しめばいいさ。そんなもの。

ただ、嘘をつくならだれも傷つかない嘘をつきましょう。

 

信頼している人には真実を。

息抜きに自分が一人で楽しむ程度の嘘を交えて。

少しくらい着飾ったっていいじゃない。

 

何事もほどほどにね。

 

 

着地できたかどうかはわかりません。

難しいタイトルつけるなよ!!!!私