15年後のモニグロ-after Morning Glory-

30代2児の母が10年前のネットを懐かしんだり思いをつづるブログ。

コンテンツについて考える

スポンサーリンク

f:id:hanacoglory:20171127143748p:image

自らのコンテンツ化

www.hanalavi.com

上記の記事でも書いたコンテンツ化について、詳しくだらだら書こうと思います。

いわゆるブランディングと同意になるのでしょうか。

 

いろんな人間がいて、いろいろな考えや日常がある。

 

例えば私の高校時代の日記をコンテンツとしてまとめると

「現役JKの生ナマ❤恋愛事情」

っということになる。のかな。卑猥だな。

実際卑猥なことも書いていたかもしれない。

いや、そんなそこまでえげつないことは書いてない・・かな・・どうだったか・・

 

ちょっとねもう30歳超えてますから。

10代の記憶も勢いもないんですよ。

 

 

読み物という存在になる

とりあえず話を戻して、自分はどういう立ち位置なのか

どういうコンテンツになるのかを考えればいいと。

いや、それだとブランディングと同じなのですけど

 

コンテンツ=読み物 なわけ(少なくとも私はそう認識している)

なので覚悟が違うわけです。

読み物なんです。

生身じゃないんです。

 

これの覚悟ってどういうことかというとさっきの記事に書いた、

「なんでちゃんと考えないの?」「自分の頭で考えた意見つかえよ」「真似ばっかすんな。自分がないのか?」「人に指図された人生で楽しいのか?」

って言いすぎ言いすぎそれは言い過ぎやけども落ち着いて

 

まぁそういった「自分が発信したことに対してのもやもやがなくなる」

これだけです。

ちっぽけな人間なので、このストレスは相当なものだったんです。

真似しないで!!!!子供か。小学生女児か。

 

「真似しちゃイヤイヤ❤小学生女児のマル秘えにっき」

 

こうなっちゃうよ。

アカン。これはあかんやつや。

 

自分の考えを記録する日記ではなく、インターネットの海の中に

放り込んだ時点で自分が読み物になっているということに自覚すべき。

たとえ誰も見ていなくても、そうであるべき。

 

自覚ができないから人が少ない場所もしくは自分だけしか見ていない場所に

鍵をつけて書き溜めていた、それはまぎれもなく「生身の人間の日記」

 

せっかく10年以上ネットやってんだから、生身であることをやめてみようと。

そのように考えるようになったら、気持ちが楽。

 

今の自分ならなんなんだろうな。まだ定まっていないけど。

 

「三十路人妻❤むかしにもどりタイ!」

 

こんな感じかな。だめ、卑猥から離れられない。

あと昔には戻りたくない。体力的に・・・・